« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

高知空港では初めて見るボーイング787-8 Dreamliner(JA825A)

Image

 久しぶりに高知空港にやってきた。目的は、最近になってやっと高知へも飛来するようになったB787 ドリームライナー。今のところ、B787は繁忙期にしか飛んでこないので、高知空港でいつでも見られるということではない。

Image_2

 高知空港〜羽田空港の便でも、使用機材の小型化が進んでいる。以前はANAの羽田便と言えば、ほとんどがB767だったが、最近ではB737を使う便が増えている。

 大型連休や年末年始などの繁忙期には、以前からB777-200が飛んできていたので、B787-8は機齢が増し退役進んでいるB777-200の置き換えと考えることができる。

Image_3

 B787-8は、高知空港の小さな空港ビルから見ても、さほど大きく感じない。ワイドボディながら中型機という位置付けだろう。

Image_4

 折り返しまでの短い駐機時間を高知空港であわただしく過ごしたB787は、乗客の搭乗が終わるとすぐに出発していった。ちょうど、羽田からのJAL便 B737-800が降りてきたので、滑走路脇で待機。

Image_5

 JAL便の着陸と入れ替えに、B787は夕陽を浴びながら、北西の空に飛び上がっていった。

 私自身まだB787に搭乗した事はない。しかし、予定通りだと来月には、やっとB787に乗れるはず。楽しみにして待っていよう。

2016年4月29日 (金)

中土佐町久礼と高知空港のB787-8(動画)

2016年4月28日 (木)

最近の証明写真ボックス

Image

 街でよく見かける証明写真ボックス、知らないうちに進化している。まずは、用途に応じて写真サイズがいろいろある。小さいものは履歴書や免許証用。パスポート用やマイナンバー用は少し大きくなる。一番大きいのは幅50ミリ、縦70ミリで、これはどんな用途に使うのか分からない。

 美白効果については、肌美人スタンダードが800円、肌美人スーパーが900円。スーパーを選べば、日焼けから美白2まで、いろいろ選べるようだ。

 さらにすばらしいのが、5カ国語対応になっていること。日本語、英語、中国語、韓国語に加えて、なぜかポルトガル語にも対応している。人口比で言えば、5カ国目はスペイン語が来そうなものだが、ポルトガル語を選んでいるのには何か理由があるのだろうか。

Image_2

 来年は、パスポート切り替えなので、美白効果を活かして、満足できる写真を撮ってみようか。

2016年4月27日 (水)

日本語表記が嬉しいコネスト韓国地図

 最近の私のように、小さめのバックパックだけ背負って旅する場合、地図アプリというのはとても重要。現在地を知り、目的地を確認し、移動手段をあれこれ検討する。見やすい地図アプリがあってこそできる旅のスタイルとなっている。

 地図アプリのメインは、何と言ってもGoogleマップである。あと通信回線が使えない場合を考慮して、オフライン地図CiryMaps2Goを併用する。たいていの地域では、この二本のアプリで事足りる。

 しかし唯一の例外が韓国。文字がハングル表記主体なので、使いづらい。それでも仕方なくつかっていたが、最近、日本語表記の韓国地図が出来ているのを知った。それは、コネスト韓国地図。地名が日本語表記されていて、とても使いやすい。こんな地図一つで、韓国旅行がまた一歩身近なものに変わったように感じる。

Image

2016年4月26日 (火)

エアーマカオ(マカオ航空)は使える

Image

 昨年6月に香港を訪れた。関空からLCC利用、一泊二日のあわただしい旅。たまたま出発日の前日が出張だったので、関空発の朝の便に間に合ったが、高知から出発と考えると、行程がかなり厳しくなっただろう。

 現状のLCCのフライトで香港へ行こうとすると、ピーチの午前便で出発し、帰りはピーチかジェットスターの深夜便で帰ってくるのが1番合理的に見える。しかし、高知からの出発と考えると、どうしても前泊が必要となり、また帰りも大阪に朝着なので、高知までたどり着くのが体力的にきつい。

Image_2

 いろいろ調べていると、香港ではなくて、マカオ行き便を使えば、もっと楽にマカオ&香港に行けることに気づいた。関空からマカオへは、エアーマカオ便が毎日飛んでいる。関空発が16時30分出発のマカオ19時45分着。マカオ発が10時30分出発の関空15時30分着。

Macuo

 この時間帯なら、行き帰りも共に高知発着の高速バスが使えそう。自家用車で関空まで行くとしても、さほど無理はない。エアーマカオは、一応、機内食も出るようで、LCCではなさそうだが、時期を選べば料金はLCCと大差ないので、マカオのみ、またはマカオと香港両方に行くつもりなら、有用なエアラインではないだろうか。

Miel

2016年4月25日 (月)

前払いチケット方式のパーキング

Image

 高知市内でも前払いチケット方式の駐車場が増えてきた。この方式だと、従来の100円パーキングのような大掛かりな設備が必要ないので、わりあい短期の有休地利用に向いている。料金は、高知市中心部で500円、すこし離れた場所で250円が多い。


Image_2

 パーキングに必要な設備は、このパーキングチケット発行機だけ。駐車場のスペースは、舗装してある場合もあるが、この場所のように未舗装の更地にワイヤーなどで線引きしてあるだけの場所が多い。


Image_3

 利用方法は、まずは車のナンバーを入力、次に駐車日数を入力。料金が表示されるので、プリペイドカードか現金で支払いを済ませる。駐車券はフロントガラスの下方に、外から見えるように置く。


Image_4

 1000円札が使え、お釣りもちゃんと出るので、100円パーキングよりも利用者に優しい機械となっている。駐車可能時間内であれば何度でも出入りは自由だが、パーキングの特性上、いつも空きスペースがあるとは限らないので、基本的には停めっぱなしで使うのが普通だろう。

 今のところ、この方式のパーキングを使うような場面には出くわしてないが、この投稿によって予習できたので、実際に使う機会があっても、特に迷わずに使えるはず。

2016年4月24日 (日)

2016年 台湾旅行記(41) 高雄から台北へ移動、そして帰国(動画)


2016年4月23日 (土)

ローマ・テルミニ駅の正面は地味

Image

 この写真を見て、ここが何駅か分かるだろうか?

 この、のっぺりとした平板な屋根の、なんの特徴も無い駅。実は、首都ローマの玄関口、テルミニ駅の正面である。

 私は、2年前の5月、テルミニ駅を目指して歩いていたのだが、Googleマップのポイントがずれていたため、テルミニ駅正面に到着しても、ここが駅だとは気づかず、何か大きなバスターミルだろうと思って、そのまま通りすぎてしまった。

Image_2

 そのまま駅の側面の歩道を歩き続け、1Kmぐらい行きすぎてから、再度マップを確認して、やっと間違いに気づく。

 テルミニ駅のすぐ近くというのに、この辺りは移民が多く住む場末のアパートのような建物が多く、雰囲気が悪かった。

 やはり知らない場所では、思い込みを捨て、こまめに位置を確認する必要がある。同じようなミスをしないよう充分注意しよう。

2016年4月22日 (金)

電気使用量のグラフ

Yonden

 電力自由化の影響だろうが、四国電力でも「よんでんコンシェルジュ」というホームページが出来て、入会するとポイントがもらえたり、電気料金が毎月メールで確認できたりするようになった。

 ポイントには、あまり興味はないのだが、電気料金や電気使用量のグラフが一覧できるのは便利という以上に、興味深い。

 言葉としての節電はあたりまえのこと。しかし、こうしてグラフとして使用量を手軽にチェックできるようになると、本当の節電意識がわいてくる。

 電気料金自体の変化は、引き落とし金額で確認できる。一方、電気使用量の変化は、従来、ほぼ管理していない。それが、「よんでんコンシェルジュ」にログインするだけで、簡単に確認できる。

 このグラフを見ると、前年に比べて、ずいぶん電気使用量が増えていることがわかる。特に、夏場の電気使用量が増加している。普通に考えると、クーラーの電気代というところだが、実はここにはクーラーの電気使用量は入って無い。

 クーラーや冷蔵庫の電気は、「低圧電力」という別の請求になっているので、このグラフ示すのは、照明や事務機器、扇風機などの電気使用量ということになる。夏場に、なぜこれほど電気使用量が増えたのか。原因は、はっきりとはわからない。今年の夏は、いろいろと節電の工夫をしてみるしかない。

 ただ、節電をして、得をするのは誰なんだろう。電気料金は、電力会社が決めるのだから、電気使用量の減少=電気料金の減少になるとは限らない。需要が減って、利益が減りそうになれば、価格設定を上げればいい。

 そう考えると、今回スタートした電力自由化というのは、なかなか意義深いような気がする。ただ、現状、四国内では選択肢がほぼない。今後、選択肢が増えることはあるのだろうか。
 

2016年4月21日 (木)

JAバンク高知(高知県信連)からの景色は

Image

 久しぶりにJAバンク高知 本店へ行く。ここは広々とした敷地に、お金をたっぷりとかけた贅沢な造りのビルが建っている。駐車場も広くて使いやすい。

 銀行の窓口は2階にある。未来的なデザインのエレベーターに乗り、二階へ。ドアが開くとすぐ前が銀行の入り口となっている。ここは、なぜかほとんど客が来ない。今日も客は私ひとりだけ。ひとり掛けの椅子に座り、手続きが終わるのをゆったり待つ。

 用事が終わり、帰ろうと、銀行を出ると、写真のような景色が広がる。大きなガラス面に、外の景色が矩形に切り取られて、まるで絵画を見るよう。あいにく、雑然とした建機メーカーのビルと道路だけの景色なのが残念ではある。

Image_2

2016年4月20日 (水)

35年目にして初めて泊まった神戸ポートピアホテル

Image

 先月の神戸行きではポートアイランドの神戸ポートピアホテルに宿泊した。このホテルに泊まるのは初めて。開業してから35年経つという事で、古さは否めないが、特に宿泊して不快になるような部分もなかった。

 35年前というと神戸ポートアイランド博覧会が開催された年にあたる。この時の、UCC珈琲館が改装され、UCCコーヒー博物館として今も運営されている。


Image_2

 今回泊まった部屋は別館の6階。写真は、部屋から三宮方面を見たところ。右に見えるビルはワールド本社ビル。この本社ビルが建った頃は、ワールドもなかなか勢いがある会社だったが、今ではかなり苦戦しているように見える。


Image_3

 朝食は、ホテル本館30階のプレンデトワールで。この階から南側を見ると、遠くに神戸空港が確認できる。神戸空港空港はポートアイランド沖1Kmの人口島に建設され、2006年に開港している。つまり、今年でちょうど開港10年となる。

 関空や伊丹と非常に近い立地のため、都市部に隣接した空港ながら、乗り入れの航空会社、路線ともに少なく、あまり有効には活用されていないようで残念。


Image_4

 ポートピアホテル自体は、やはり設備の古さは隠せず、かと言って、それほど安い料金でもないので、ちょっとオススメしにくい。たまたま安いプランがあればいいが、通常は利用しにくいホテルだと思う。

2016年4月19日 (火)

2016年 台湾旅行記 もくじ

2016年1月台湾旅行ダイジェスト

2016年 台湾旅行記(1) 神戸関空ベイシャトルで関空へ
2016年 台湾旅行記(2) 台北行き ピーチMM027便に搭乗
2016年 台湾旅行記(3)  ピーチMM027便、機内にて離陸を待つ
2016年 台湾旅行記(4)  ピーチMM027便 機内でスーパードライを
2016年 台湾旅行記(5)  桃園国際空港第一ターミナルで中華電信SIM

2016年 台湾旅行記(6) 高鉄3日パスの引換とバリデーション
2016年 台湾旅行記(7) 高鐵桃園駅から台湾新幹線878列車で台北へ
2016年 台湾旅行記(8) ユリシスホテル 台北 にチェックイン
2016年 台湾旅行記(9) 今日も雨、高鐵台北站へ
2016年 台湾旅行記(10) 台湾新幹線611列車で、台南へ

2016年 台湾旅行記(11) 高鐵・台南駅から台鉄・沙崙駅へ移動
2016年 台湾旅行記(12) 沙崙駅発・台南駅行き 3722列車
2016年 台湾旅行記(13) 台鉄台南駅に到着
2016年 台湾旅行記(14) 高鐵台南から台鉄台南へ(動画)
2016年 台湾旅行記(15) 好行バスはあきらめ、台南駅前からタクシー

2016年 台湾旅行記(16) 台南にある国家一級古蹟「安平古堡」を見学
2016年 台湾旅行記(17) 台南駅からタクシーで安平古堡へ(動画)
2016年 台湾旅行記(18) 「同記安平豆花」のスイーツでくつろぐ
2016年 台湾旅行記(19) 鈍足な台湾好行バス88番で台南駅へ戻る
2016年 台湾旅行記(20) 安平豆花でレモン味の豆花を食べる(動画)

2016年 台湾旅行記(21) 台南駅から自強号117列車で高雄へ
2016年 台湾旅行記(22) 自強号117列車は高雄駅に到着
2016年 台湾旅行記(23) 高雄捷運・高雄站でコイン形状の切符を買う
2016年 台湾旅行記(24) 高雄捷運・紅線で、高雄駅から凱旋駅へ移動
2016年 台湾旅行記(25) 自強号にのって台南から高雄へ移動[動画]

2016年 台湾旅行記(26) (C3)前鎮之星駅で高雄捷運環状軽軌
2016年 台湾旅行記(27) 高雄捷運環状軽軌に試乗
2016年 台湾旅行記(28) 前鎮之星駅~凱旋中華駅を往復する
2016年 台湾旅行記(29) 高雄地下鉄・美麗島駅
2016年 台湾旅行記(30) 美麗島駅から中央公園駅まで歩く

2016年 台湾旅行記(31) 高雄捷運環状軽軌の路面電車に試乗(動画)
2016年 台湾旅行記(32) 高雄・六合夜市でB級グルメの夕食

2016年 台湾旅行記(33) 美麗島駅から高鐵左営駅へ移動
2016年 台湾旅行記(34) 美麗島駅と六合夜市(動画)
2016年 台湾旅行記(35) 高鐵左営駅から新幹線で台北に戻る

2016年 台湾旅行記(36) 台湾新幹線936列車で、高鐵桃園へ向かう
2016年 台湾旅行記(37) 桃園国際空港に到着
2016年 台湾旅行記(38) ジェットスター・アジア航空 721便に搭乗
2016年 台湾旅行記(39) 雪が降る中、関空に到着
2016年 台湾旅行記(40) 徳島の大雪で予定がくるう

2016年4月18日 (月)

2016年 台湾旅行記(40) 徳島の大雪で予定がくるう

Image

 神戸空港にほど近い、神戸関空ベイシャトル乗り場の駐車場を出発し、京橋インターから阪神高速に乗る。ここまでは予定通りだったが、先はまだまだ長い。

 明石大橋を渡り、淡路島を走っているうちに、制限速度が徐々に下がってきているのに気づく。普通に走れるのにおかしいなあと思っていると、鳴門大橋の手前で雪が降り始めた。徳島に近づくにつれて、雪が激しくなり、道路上に積もってくる。

 鳴門で高速を降りると、一般道もかなり雪が積もっている。高速道路はすでに一部区間が閉鎖されていたので、室戸まわりで高知に帰るつもりだったが、どんどん雪が積もっているようで、とてもノーマルタイヤで室戸まで走れるような状況ではなかった。

 今日中に高知に帰るのは諦め、東横インに泊まることにする。


Image_2

 タイヤをズルズル滑らせながらも、なんとか徳島駅前の東横インに到着。久しぶりの東横インだが、やっぱり、この規格化された部屋が落ち着く。


Image_3

 今夜の夕食は、コンビニで買ったラーメン。駅前なので、外へ食べに行けばいいようなもの。しかし雪が積もった街の景色は、とても県庁所在地の駅前とは思えないような寂しげな雰囲気で、出る気がしなかった。


Image_4

 翌朝、東横インらしいシンプルな朝食を食べ、


Image_5

 凍結した徳島の中心部の道を恐る恐る走りながら、苦労して高知に帰った。

 格安チケットを入手したところから始まった今回の台湾旅行。天気にたたられて、なかなか思うようには行動できなかった。やはり1月ぐらいは、おとなしく過ごしていた方が良かったのかもしれない。次回は、もうすこし気候の良い時期を選んで旅をしよう。
 

2016年4月17日 (日)

初めてのpink berry

Image

 先月訪れたららぽーとエキスポシティで、初めてpink berryを利用した。pink berryは、アメリカ発のフローズンヨーグルトの専門店。2014年7月にお台場に1号店ができている。日本国内の店舗は、まだ7店ほどで少ない。

 レジ前に列が出来ており並ぶ。しばらく待っていると店員さんがフローズンヨーグルトのサンプルを持ってきてくれた。その小さなかたまりを食べるとひんやりとした食感と甘酸っぱさが口に広がり、なかなかうまい。

 プレーンのものとトッピングを色々追加できるものがあり、私はトッピング無しを選んだが、トッピングタイプの方がいろいろ余計に盛ってくれるのでお得そうだった。何回も食べると、クリスピークリームドーナツのように飽きそうな気もするが、今のところは、なかなかオススメのお店。

Image_2
 

2016年4月16日 (土)

地震は続く

 土曜日だが今日も仕事。仕事中に緊急地震速報が一度鳴った。その後は、地震の情報を気にしながら仕事を進める。

 熊本へ商品をひとつ送った。ヤマト運輸は、熊本県向けの荷受けを中止しているという話だったが、いちおう荷受けはしてくれた。

 テレビで中谷元さんが自衛隊を1万五千人から2万五千人体制に増員すると発表。たまたま、神戸から高知へ帰ってきた姉が、山陽道で自衛隊尼崎駐屯地の車両を多く見かけたという。

 昨夜は、地震の揺れで目が覚めた。今晩は、どうだろうか。そろそろ、収束してもらいたいものだ。
 

2016年4月15日 (金)

座席指定は最後尾を

 1年ほど前までは、航空券の座席指定をする場合、極力前のほうのシートを指定するようにしていた。主翼に近い前方の席は、揺れが少なく、出入りもしやすい。しかし、最近では趣味がやや変わって、最後尾の列を指定するようになった。最後尾または最後尾に近いシート付近は、割合空いていることが多く、のびのびと過ごせる場合が多い。トイレに近いため、トイレに行くのも苦にならない。

 後方席の弱点は、着陸してから外に出るまで、時間がかかること。ただ時間がかかるといっても、のんびりとした心持ちで待っていれば、さほど長い時間ではない。LCCなど座席指定に料金がかかる場合でも、後方の席は1番安い価格設定になっている場合がほとんど。したがって後方席であれば、気軽に座席指定ができる。

 前回の台湾旅行でも、座席指定は、最後尾または最後尾に近い席を指定した。結果的には、周りにほとんど乗客が乗っておらず、ずいぶんとくつろげた。これが前方席であれば、周りに必ず多くの乗客がいて、このようにはくつろげなかっただろう。 

Zaseki

NH217 B787-9

 

2016年4月14日 (木)

それでも桜は咲いている

Img_0494

 今日は気温がどんどん上がり初夏の様相となった。高知市の最高気温は27℃で、今年初めての夏日だった。急に暑くなると調子がくるう。急遽、扇風機を出してきてしのいだ。これからは、こんな日がときどきあるのだろう。

 そんな1日だったが、ちょっと歩くと、近くでまだ桜が咲いている。桜の季節は、もうとっくに終わったと思っていたが、そうでもない。葉桜だがなかなかきれい。やっぱり、桜はいい。
 

2016年4月13日 (水)

2016年 台湾旅行記(39) 雪が降る中、関空に到着

Img_9487

 ジェットスター・アジア航空 721便(3K721)は、午後4時過ぎ、関西国際空港に到着。雪が降りしきる中での着陸となった。乗客は少なめで、たいして揺れることも無く、快適なフライトだった。台湾も寒かったが、日本はもっと寒い。


Img_9490

 ジェットスターは、第1ターミナルへの到着なので、空港内のバス移動が無くて便利。


Img_9496

 ウィングシャトルからの景色もこんな具合で、外は寒そう。入国手続きのあとは税関へ。税関は、日本人と外国人のレーンに別れているのだが、外国人の列がやたらと多く、しかも混み合っている。日本人の列は、ほぼ人がいなくて、素通り状態。この時間帯は、外人客が圧倒的に多い。


Img_9499

 神戸-関空ベイ・シャトルが運休ということで、代替えバスに乗り込む。運転手は女性。当初、船の便は、もう少し遅めを予約してあったので、代替えバスになったことによって、1時間ほど帰りが早くなった。


Img_9506

 午後5時半過ぎ、バスは神戸空港海上アクセスターミナルに到着。ちょうど、初場所、大関 琴奨菊の優勝インタビューが放送されていた。


Img_9508

 自家用車に乗り換え、あとは高知へ帰るだけ・・・

2016年4月12日 (火)

2016年 台湾旅行記(38) ジェットスター・アジア航空 721便に搭乗(3K721)

Img_0483

 まずは、ジェットスターのチェックインカウンター6番へ。窓口がまだ開いておらず、皆さん、列を作って待っている。最後尾に並ぶ。しかし、ここからが長かった。いくら待っても、チェックイン作業が始まらない。ほんとは、フードコートへ食事に行きたかったが、行けないままに時間だけが過ぎていく。


Img_0484

 1時間待って、やっと、チェックイン窓口が近づいてきた。どうして、こんなに時間がかかるのかわからない。右がオンラインチェック済のカウンターで、左がオンラインチェックイン無しのカウンター。右の方が若干早めに動いていたが、大差なそうだった。いつも、こんな調子なら、ジェットスターを使う人はいなくなるだろう。


Img_0485

 時間切れでフードコードへは行けなかったが、気を取り直して、出国手続きへと進む。


Img_0486

 出国手続きも、やたらと長い列で、時間がかかる。次は、セキュリティ・チェックだが、こちらも長い列。我慢して待つしか無い状態。


Img_0488

 やっと第1ターミナルの制限区域内に入ることができた。ボーディングタイムまで15分ほどしか無いが、せっかくなので、ラウンジへ。


Img_0487

 ここはプライオリティーパスが使える「トランスアジアVIPラウンジ」。時間が無いので、即行で食べ物とビールを取り、素早く食べる。内部がどんなつくりだったか、細部は覚えてないが、広くは無かった。


Img_0489

 時間が無いというのに、搭乗ゲートは一番端っこの「A1」。動く歩道の上を小走りしながら、ゲートへ急ぐ。


Img_0490

 A1ゲートに到着。まだ、搭乗は始まっておらず、人も少ない。チェックインが遅かったので、皆さん、買い物などに時間がかかっているのだろう。


Img_9479

 12時20分過ぎに、ジェットスター・アジア航空 721 便に、やっと搭乗。ジェットスター・ジャパンは何度か利用したが、ジェットスター・アジア航空の利用は初めて。機内は、ジェットスター・ジャパンのような新しさは無く、だいぶ年季が入ったような雰囲気。


Img_0493

 座席は27C、後方の左窓側。機内への出入りにはちょっと不便だが、人が少なめで落ち着くので、最近は後ろの方を指定するようにしている。後方だと、座席指定料も安い。帰り便は、チェックインや荷物検査にやたらと時間がかかって、たいへんだったが、こういう事もある。予定通り、飛んでくれるだけで、よしとしよう。
 

2016年4月11日 (月)

2016年 台湾旅行記(37) 桃園国際空港に到着

Img_9454

 台湾新幹線936列車は、高鐵桃園駅に到着。台北からの所要時間は22分ほど。


Img_9456

 エスカレーターで、改札のある階へ移動する。


Img_0477

 また、「高鐵3日券」と「パスポート」を改札の人に見せて、やっと外へ出る。高鐵桃園駅はひろびろとしたフロアーで、高鐵台北駅などより、わかりやすい造りになっている。


Img_9458

 高鐵桃園駅と桃園国際空港を結ぶ路線バスに乗り込む。このバスは定員制なので、乗車前に係員に切符をチェックされる。私は、係員には、悠遊カードをヒラヒラさせながら見せて通過し、車内・運転席横の機械にタッチする。

 このバスは、なぜか、乗客同士が向かい合わせになるような構造で、妙に気恥ずかしい。


Img_0481

 バスは15分ほど走って、桃園国際空港・第1ターミナルに到着。ちなみに、ここは降車専用の場所。


Img_9464

 第1ターミナル内に入り、フライト時刻表を見る。これから乗るのはジェットスター、721便・12時45分発の関空行き。往路はピーチだったが、帰りはジェットスター。どちらかと言えば、ピーチの方が好きだが、ピーチは帰路の運賃がかなり高かったので、帰路のみジェットスターにした。
 
 往復を別々の航空会社にできるところが、LCC利用のメリットのひとつ。ただし、今回はセールでピーチ便の往路のみ確保したものの、帰り便の安いフライトがなかなか確保できず、ちょっと手こずった。やはり、航空券は往復で確保するべき、と反省している。
 

2016年4月10日 (日)

スマートフォン向けサイトの方がわかりやすい場合も多い

 自宅でパソコンを開くことはずいぶんと少なくなった。長文を入力する必要がある場合は、当然、パソコンを利用する。しかし、それ以外では、あまり必要性を感じなくなった。強度の近視で、メガネなしではパソコン画面を見るのが不都合なこともパソコンを使わなくなった理由の一つ。裸眼でも見やすいiPhoneの方が、大抵の用途では使いやすい。

 スマートフォン表示に対応したページもずいぶん増えてきた。航空券の購入など、多少値がはるような買い物でも、スマートフォンサイトからの購入に抵抗がなくなってきた。シンプルな構成のスマートフォンサイトの方が、入り組んだ構成のパソコン向けページよりも分かりやすい場合も多い。

 一覧性が低いと言われてきたスマートフォンページだが、インターフェイスの工夫により、どのサイトもかなり使いやすくなってきている。航空券の購入では、いまのところは、結果を「印刷」しないと通用しないという、少し時代遅れの仕組みも残ってはいるが、今後は、どんどんとそういう制約は減っていき、スマホをかざすだけで利用できるサービスが増えるだろう。

 スマホにあまり依存しすぎると、紛失した場合の被害が大きいので、スマートフォンをいつでも使えるように保持しておくという事の重要性は高まる。今、iPhone2台持ちにしている理由のひとつである。また、2台持ちiPhoneはセキュリティー確保の意味でも価値があるのでは無いだろうか。

2016年4月 9日 (土)

京都おかきた(岡北)のカレーうどん

Img_0197

 京都「岡北」のカレーうどんである。2種類あって、高い方のカレーうどんである。30分並んで待って、やっとたどりついたカレーうどんである。

 京都らしい、繊細なカレーうどん。とても熱くて、じっくり味わって食べる必要があった。お味は・・・さほどうまいものでは無かった。一度食べれば充分かな。
 

2016年4月 8日 (金)

夜桜と路面電車

Img_0451

 卸団地組合での宴会の後は、知寄町3丁目の電停まで歩く。電停そばに、きれいに咲いたサクラが3本ぐらい。

Img_0453

 なんとか路面電車に間に合い乗り込む。

Img_0455

 最近の路面電車は、意外にハイテクっぽい運転席になっている。次に停車する電停が、小さなディスプレイに表示されている。
 

2016年4月 7日 (木)

iPhone2台持ちの功罪

 昨年購入したiPhone6sがSIMロック解除できたので、このiPhone6sは、格安SIMでデータ通信専用として運用し、以前使っていたiPhone5sをソフトバンクの通話し放題プラン(データ通信2GB)で使っている。

 2台持ちのメリットとしては、通話とデータ通信を切り離せるので、通話しながらWEB閲覧ができること。2台それぞれに負荷を分散できるのでバッテリーの消耗が遅いこと。どちらか不具合が出た場合でも、片方で代用できること。海外に出た場合、iPhone6sを海外SIM・iPhone5sを国内SIMで運用できること、などがある。

 一方、デメリットとしては、常に2台持っていないと用事にならないこと。通話を待ち受けするためにはiPhone5s、LINEを運用するためにiPhone6sが必要となる。通話もLINEもiPhone5sで運用することもできるが、それでは海外に出た場合に困る。

 便利さと不便さが同居している2台運用だが、やはり、いざという時に1台ダメになっても、もう1台が使える、という安心感は捨てがたいものがある。当面は、iPhone2台で使い続けるつもり。
 

2016年4月 6日 (水)

パナマペーパーの話

Img_8251 当初、ピンと来なかったが、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した機密文書(Panama Papers)が、世界的に大きなニュースとなっている。

 1000万件以上の機密書類が流出し、すでに世界の報道機関の手に渡っており、各国首脳の関係者や起業家の名前がリストに載っており、タックスヘイブンを利用した「資産隠し」「租税逃れ」を指摘されている。

 有名どころでは、プーチン・ロシア大統領、習近平・中国主席、キャメロン・英首相、アサド・シリア大統領などの名前があがっている。すでに、アイスランドのグンロイグソン首相は辞任を表明している。

 公表されているのは、まだ機密文書の一部に過ぎないらしいので、今後、さらに大きな問題になっていくのかもしれない。
 

2016年4月 5日 (火)

2016年 台湾旅行記(36) 台湾新幹線936列車で、高鐵桃園へ向かう

Img_9427

 帰りのフライトが遅めなので、ゆっくり起きる。テレビをつけると、どのチャンネルでも、台湾各地で雪が降ったり、気温が異常に低下していることなどが、報道されている。10年に1度の大寒波襲来、というような取り上げ方。


Img_9428

 今日は幸いにも雨が止んでいる。時間に余裕があるので、ホテル近くをちょっと散歩しよう。


Img_9429

 道路に沿って同じ型のバイクがずらーと並んでいる。レンタルバイクだろう。こんな屋外に置いておいて、盗難されるようなことは無いのだろうか。それとも、朝になってから、並べたのか。良く分からない。


Img_9434

 ここは、昨年5月の台湾訪問時、おみやげ品を買ったお茶屋さん「新純香」。ホテルから近そうだったので、歩いてきたが、残念ながら、まだ開店してなかった。昨年は、この店で、乾燥しいたけやドライイチゴを買った。


Img_9436

 台湾新幹線・高鐵桃園までの指定席を確保するため、台北駅・高鐵の窓口へ。日曜日の朝ということで、なかなか混み合っている。

 台北9時36分発、桃園9時58分着の621列車を指定。座席は、5号車3A。


Img_9437

 台湾高鉄3日パス、この3日間で新幹線乗車は4回だけ。ちょっともったいない使い方だったか。でも、時間がなかったので仕方ないか。


Img_9442

 出発時刻が近づいてきたので、改札へ。


Img_9448

 列車の準備ができるまではホームに入れない。改札近くで待たされる。台湾新幹線の他の駅では、ここまで厳密に運用されてないような気がするが、台北駅ではきっちり待たされる。


Img_9450

 発車10分前になって、やっとホームへ。


Img_9452

 5号車3A席に到着。ここからだと、荷物置き場の様子が良く分かる。ちょうど座席2席分をつぶして、荷物置きのスペースを作っている。

 高鐵桃園に到着すれば、あとはバスで空港へ移動し、飛行機乗って日本へ帰るだけ。今回の旅も、もう終わりに近づいてきた。


2016年4月 4日 (月)

2016年 台湾旅行記(35) 高鐵左営駅から新幹線で台北に戻る

Img_9402

 ホームに降りると、既に台北行き1682列車は到着しドアが開いていた。指定の2号車をさがし乗り込む。新幹線に乗れば、あとは終点の台北で降りるだけなので気がラク。土曜の夜ということもあるのか、乗客は少ない。


Img_9403

 指定席は2号車19A台北行きだと、進行方向2列目となる。日本の新幹線とちょっと異なるのは、客室の一部が荷物専用の場所になっているところ。日本の新幹線にも、こういう配慮は必要では無いだろうか。


Img_9404

 台北到着は21時48分。少し遅い時間だが、ホテルが駅のすぐそばなので気にならない。駅隣接のホテルは便利な上、安心感がある。

 「1682」という列車番号の隣に、左営駅のスタンプが押されている。スタンプの日付が「105.1.23」となっている。この「105」というのは、民国紀元。中華民国が成立した1912年を紀元(元年)とする紀年法である。西暦1912年が民国紀元1年なので、西暦2016年は民国紀元105年となる。


Img_9410

 週末夜の台湾新幹線は、乗客が少ないこともあり快適な列車旅となった。ほぼ定刻に高鐵台北駅に到着。


Img_9411

 ホテル最寄り出口に近い「中山地下街」方向へ進む。


Img_9414

 スロープと階段が組み合わされたプロムナードを下り、


Img_9417

 このエスカレーターを上がると、


Img_9419

 ホテルのすぐ前に出てくる。近くのローソンで、台湾ビールとつまみを買ってから、ホテル(ユリシスホテル 台北)に帰る。3流ホテルだが、立地だけでいうとかなり便利。しかも、フロントから「数歩」で自分の部屋に入れるところが、すばらしい。
 

2016年4月 3日 (日)

2016年 台湾旅行記(34) 美麗島駅と六合夜市(動画)

2016年4月 2日 (土)

The Way 星の旅人たち

Hoshinotabibito 映画「星の旅人たち」をiTunesダウンロードで見る。2010年のアメリカ・スペイン合作のドラマ映画。

 映画「サンジャックへの道」と同じように、スペイン北東部の聖地、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼を題材とした映画である。映画のストーリーはともかくとして、巡礼の道の距離感を映画で表現するのは、サンジャックの道と同様に難しいことがよくわかる。

 細かいことはさておき、実際に、こんな長い距離を歩いて旅する人が毎年10万人も存在するということは、驚くべき事。巡礼者は、長い旅の最後、大聖堂の5km手前にある「モンテ・デル・ゴソ(歓喜の丘)」から、初めて美しい聖地の姿を眼にするという。実際に歩いて旅することは難しいが、ゴールのサンティアゴ デ コンポステーラ大聖堂へ一度は行ってみよう。
 

2016年4月 1日 (金)

iOS 9.3.1 やっと登場

 iPhone6Sを、iOS 9.3にアップグレードしてから、Safariの検索結果リンクが開けない、というトラブルが発生。約1週間ほど、このような状態が続いていたが、今朝になってやっとiOS 9.3.1 が配信され、インストールすることより正常動作に戻った。

Img_0392

 iOSのアップグレードによる不具合は、ちまたでは良く聞くが、当事者としてこれほどの不便さを実感したのは初めて。単に検索リンクが開けないだけだが、パソコンと違って、ふだんから特定アプリにかなり依存しているので、そうそう簡単に別の手段には移行できない。

 とりあえずは、検索エンジンをBingに変更して、しのいでいたが、それでも動作がおかしいところがあり、不便を強いられた。予備機であるiPhone 5Sの方は、iOS 9.3のアップグレードに失敗し、iOS 9.2.1のままだったので普通に使えたのは幸いだった。

 今後のiOSアップグレードに際しては、アップグレードによる障害が起こってないかどうか、充分情報収集し、頃合いを見計らってから実行することにしよう。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »