« チャイナエアラインCI0157便 B747(ジャンボ機) | トップページ | 関西国際空港 年末の装い »

2015年11月25日 (水)

りんくうタウン駅(JR・南海電鉄)

 りんくうタウン駅を今回初めて利用した。
 この駅は大阪府泉佐野市に位置し、この先、関西空港連絡橋を経由し空港に至る。りんくうタウン駅は、JR関西空港線と南海空港線の共用駅となっている。

Img_8510

 ホーム2面で、上り・下りそれぞれのホームも2社で共用されている。  ホームの表示も、片面がJRの表示、反対面が南海電鉄の表示となっていて面白い。

Img_8515

南海電鉄側は、関西空港~りんくうタウン~泉佐野

Img_8516

JR側は、関西空港~りんくうタウン~ひのね

 りんくうタウンから関西空港に向かう普通電車はさほど多くはなく、しばらく待たされた。

Dscn2052

 待っているうちに、大阪駅からの関西空港行きJR特急はるかが連絡橋を渡ってやってきた。
 写真を見てわかるように、関西空港連絡橋は中央部分がかなり盛り上がっている。

Dscn2053

 

電車がバスに乗って移動していても、「海の上だなぁ」ということ以外、なにも感じていないが、この橋は、橋長3,750mの世界最長のトラス橋であるという。

 最近では、OCATからバスで関空へ来ることが多く、特急はるかに乗ることはまずないし、ラピートもしばらく乗っていない。

Dscn2060

 つぎに、しばらく駅で停車していた、大阪行きのJR特急はるかが出発して行った。

Dscn2064

 そのあと、到着したのは、南海電鉄のラピートβ。この駅には止まるのだが、特急料金がかかるため、ここからこの電車に乗る人は原則いない。
 この写真に写っている、ラピートに乗り込もうとしたキャリーを引いているおばさんたちも、小走りで近づいてきた女性車掌に制されて、次の普通電車を待つことになった。

« チャイナエアラインCI0157便 B747(ジャンボ機) | トップページ | 関西国際空港 年末の装い »

旅行・地域4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャイナエアラインCI0157便 B747(ジャンボ機) | トップページ | 関西国際空港 年末の装い »