« ピーチアビエーション新型自動チェックイン機 | トップページ | 有馬温泉・上大坊から、ほぼずっと一般道で関空へ(2015/11/08~09) »

2015年11月14日 (土)

長崎港からブラックダイヤモンドに乗って軍艦島へ出発(2014/11/14)

Img_5274

 ちょうど1年前の今日、2014年11月14日、長崎港のはずれから高島海上交通のブラックダイヤモンドという張りぼてのような観光船に乗り込んだ。
 これは、長崎・軍艦島上陸クルーズの船。心配してた天候だが、波はさほど高くは無く、なんとか上陸できそうな予感。

Img_5276

 乗船し、いよいよ出発というところ。ちょっと寒そうだが、揺れて気持ち悪くなることを避けるため、あえて2階席に座った。

 こんな船の2階席に、多くの人が乗っているのは、かなりバランス悪そうで、その点は少し気になった。

Img_5281

 湾内を移動、右舷に海上自衛隊のイージス艦が見える。「178」という数字から、これは護衛艦「あしがら」であることがわかる。こうして見ると、あまり大きく感じないが、全長165mある。

Img_5284

 さらに進むと、右手に巨大な造船ドックが見えてきた。これは、三菱重工長崎造船所のドック。

 この造船所では、ヤマト型戦艦の2番艦である戦艦「武蔵」が作られている。そして、このあたり施設は軍艦島とともに「明治日本の産業革命遺産」として、2015年世界遺産に登録された。

Img_5287

 船は、大きな吊り橋の下を通過しようとしている。これは長崎湾の出口にかかる「長崎女神大橋」で、長さは1289m。

 この橋を含む1.9 km区間は長崎県道路公社が「ながさき女神大橋道路」として管理する有料道路となっている。

Img_5290

 橋の真下を通過。橋の裏側はぺらっとした形状で、なんとなく頼りない感じ。瀬戸大橋のような重厚さは無く、軽やかな雰囲気になっている。

Img_5294

 橋を通過すると、船はすぐに外洋に出る。ここから、船が急に揺れ始めた。

 一応、揺れの状態は、動画で撮ってあるので、確認してもらいたい。ただ、この動画を真剣に見ていると酔います。

 

« ピーチアビエーション新型自動チェックイン機 | トップページ | 有馬温泉・上大坊から、ほぼずっと一般道で関空へ(2015/11/08~09) »

旅行・地域4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピーチアビエーション新型自動チェックイン機 | トップページ | 有馬温泉・上大坊から、ほぼずっと一般道で関空へ(2015/11/08~09) »