« 荒れ模様の一日、夕方イオン高知へ | トップページ | いつのまにか田植えが終わっていた。 »

2013年4月 7日 (日)

タイから関空に帰国した時のこと。

タイから関空に帰国した時のこと。 by haruhiko_iyota

海外旅行でも、とにかく荷物を少なくしたいので、下着は3セットしか持って行かない。今着ている下着プラス2セットです。

ところが、3セットあったつもりだったが、どういうわけか、気づいたら2セットしかなかった。こうなると洗濯というか、乾燥が忙しくなる。

風呂場で下着を洗濯するのだが、左の手のひらを痛めているので、洗い物をしっかりと絞りきることができない。

仕方ないのでバスタオルの中に洗濯物を入れて、その上を脚でぎゅうぎゅう押して、少しでも水分を吸収するようにしてみるが、それをやっても自然乾燥には時間がかかる。

暑くも無いのに、部屋のクーラーを効かして乾燥促進を試みる。一昼夜かかってやっとなんとか乾燥を、完了。さすがに、ドライヤーを使う必要性はなかった。

そんなに苦労して荷物をコンパクトにして、お土産物もほとんど買わなかったせいか、入国時に税関で引っかかった。

お土産袋の一つでも持っていれば、フリーパスだったような気がするが、係官がそのコンパクトなカバンを開けて見せろと言う。

中身はほとんどがほぼ衣服。そこにセブンイレブンで買ったお菓子とタバコが入っていた。

係官がこのタバコに食いつく。免税品の残りじゃない。そもそもダバコはいっさい吸わない。グロテスクな絵の入ったタバコなのでお土産に買ったんだ、と説明する。

係官が、本当にこんな写真のようになるのかなぁ?と聞いてくるので、さあね?と答えて、税関通過。

暇そうな係官だったので、手間がかかってしまった。次回からはお土産の一つでも持っていることにしよう。

« 荒れ模様の一日、夕方イオン高知へ | トップページ | いつのまにか田植えが終わっていた。 »

旅行・地域4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒れ模様の一日、夕方イオン高知へ | トップページ | いつのまにか田植えが終わっていた。 »